日本人女性として。
**author: KiKi

日本人であることを誇りに思ってほしい。
日本人女性として、誇るべき美は忘れないでほしい。

もちろん外国人には羨望を覚える。
私も、もっと鼻が高かったら、足が長かったら。
数えだしたらキリがないのだけれども、憧れは大きい。

でもね、日本人としての自分を受け止めて、
よくよく覗いてみると、私たち日本人はとても素敵な美を持っている。

たとえば、茶道の世界をのぞいてみて。
茶道というものは、機会がなければ遠い存在かもしれない。
なんだか堅苦しくて近寄りたくない存在かもしれない。

私が茶道と出会ったのは小さい頃。
祖母が茶道を習っていて、その祖母の友人が先生だった。
自然に私は茶道を習うようになった。
覚えることも多いし、ずっと正座でいるのはなかなか辛いこと。
でも、そんな茶道には根本的な日本人の美がある。

その道に入らんと思ふ心こそ 我身ながらの師匠なりけれ
これは、千利休によって詠まれたもの。
この歌は、学ぼうとする人の心構えを教えています。
もちろんこの教えは茶道だけには限らない。
何かを学ぼうとする時、「学ぼう」とする気持ちと心構えが大事であって、
自分で学ぼう、学びたい、と思う心が早い上達へと導く、ということ。

四規(しき) [和敬清寂(わけいせいじゃく)]
この4つの文字の中には、すべてのお茶の心が込められているそうです。
和: お互いに仲良くするということ。
敬: お互いに敬い合うということ。
清: 目に見える清らかさだけでなく、心の中の見えない清らかさ。
寂: どんな時にも動じない心。
これは、お客様にお茶をお出しする時に覚えておきたいことがら。
でも、よくよく考えるとこれは日常生活にもいえることよね。
ハーモニーを大事にする。
ひとりひとりを尊敬して、お互いを敬いあうことはとても大事。
先日の水の話でもいったように、見えない清らかさはとても重要。
揺るがない心も大切。
ほら、何気ないところにこんなに大切なレッスンが隠れてる。

何気ないことなのだけれども、忘れたくないこと。
大切にしていきたいわよね。
[PR]
by BrigitBirkin | 2004-11-03 09:44 | Femme(女性)
<< 約束を守るという事 種をまいてみました。 >>