カテゴリ:Fashion( 3 )
輝きと純粋性のモチーフ

~written by emma*~


CHANEL その名を耳にしたことのない女性など いないはず

私たちの 永遠の憧れと言ってもよいくらいに その名は有名
世の中のLADYたちに お洋服を通じて新しい生き方、新しいスタイルを提案したCHANEL
CHANELの歴史は そのままLADYの歴史と言っても 過言はないはず
b0048664_19523622.gif


そんなCANELの中でも もっとも有名なもののひとつに
カメリアモチーフがあります
そういえば 今年の秋冬はコサージュが大流行中だけど 
その中でもカメリアコサージュは永遠の定番ね


このカメリアというのは 日本語で言うと 椿
そう、日本では秋から春まで咲く
私たちにもっとも身近な花なの


ココ・シャネルは この椿と言う花にとても魅力を感じていて
カメリアモチーフをこよなく愛したと言われています
いつもお守りのように身につけていたんですって


この椿という花は輝きと純粋性を意味します


オペラで有名な「椿姫」 
実は 実在の高級娼婦をモデルに描かれたこの作品

実在した高級娼婦だった女性は 
月に25日は白の椿を あとの5日は赤の椿を
身につけたと言われています


CANELでは そんなカメリアの花のモチーフを 
バッグ、ジュエリー、アクセサリーに至るまで繰り返し用いています


カメリアモチーフは 本当のLADYの証のようね
いつかはあたしも カメリアの似合う女性になりたい

カメリアの似合うような 本物のLADYに
[PR]
by BrigitBirkin | 2004-10-30 20:37 | Fashion
audrey hepburn: a fashion leader
**author: mana,a girlie girl who admires Audrey

b0048664_947069.jpg

Audrey Hepburn、永遠の妖精といわれる彼女の人生はとても興味深いものがあります
一つのカテゴリーにおしこめることなんて不可能です
アカデミー賞もとった映画のスター、晩年のユニセフの熱心な活動家、母であり、妻であり、ダンサーでもあった彼女ですが
今回はファッションリーダーとしての彼女について

Audreyがムーヴィースターとしての道を駆け上っていたときは
Marilyn Monroe やElizabeth Taylorが美しい女性の代名詞でした
セクシーで、ヴォリュームのある体がきれいだと言われていた50年代、
Audreyの体系はスリムすぎて、背も高すぎました

b0048664_9571086.jpg

けれどスクリーンに映った彼女に世界は釘付けとなります
彼女は彼女だけのスタイルを持っていました
無理にセクシーをつくるのではなくて
自分に合ったスタイルを貫きました
エレガントで、フェミニン、上品で清楚
それは女性にも男性にも素敵だと思わせたのです

ある評論家は言いました、もう世の女性はAudreyの存在により胸にパッドをいれることはなくなるだろう、と
Audreyほど女性のファッションに影響を与えた人はかつていたかしら、
Jacky Onassis? それとも Princess Diana? または Coco Chanel?
いいえ、答えはAudreyになるのです

b0048664_955179.jpg

美意識を変えてしまったAudrey
そのスタイルはどんなものだったのかしら?
Sabrinaのフラットなラウンドトウシューズそして、サブリナの名前をつけられたSabrina Pants、Breakfast At Tiffany'sのシンプルな袖なしの黒のドレスと大きなサングラス、トレンチコート、Roman Holidayのショートヘア、スカーフにタートルネックに、7分丈のカットソー、、、、
これらは今も通用するファッショナブルなアイテムばかりです
わたしは彼女が今のベーシックを作ったといってもいいとおもいます


b0048664_9535412.jpg
そんなAudreyのスタイルはHubert de Givenchyの存在も大きかったのです
彼はRoman Holidayの後の映画のときにAudreyにはじめて会いました
Givenchyはひどく驚いたと言います
それはKatherine Hepburnが来ると思っていたから!
けれどGivenchyはAudreyの魅力に魅了され
そこからはAudreyとGivenchy、2人で”Audrey Hepburn Look”
を作り上げていったのでした



Audrey Lookは洗練さ、という言葉に尽きると思います
ベーシックなアイテムばかりだから、地味になりすぎないよう、可憐になりすぎないよう
かわいい、とかっこいいのバランスがなりたっていないとなりません
一見シンプルに見えて、バランスが大切なの難しいスタイルなのです



[PR]
by BrigitBirkin | 2004-10-28 09:57 | Fashion
トレンチコート ~Heroines in Trench Coats 

秋になれば欲しくなるのはトレンチコート。この時期色んなBrandからさまざまな形・カラーのトレンチが並びます。わたしたち女の子がトレンチを欲しがるのは一体何故かしら。トレンチコートとゆう言葉を聞いたとき 私たちは そこにいつも そのトレンチコートを着る かつての素敵な女優たちを一緒に思い浮かべると思います。 その代表として 「made in U.S.A」 「シェルブールの雨傘」「ティファニーで朝食を」なんかがあるんじゃないかしら。最近では「スパイダーマン」でKirstin Dunstが着ているのが印象に残っています。 きっと憧れの女優たちが素敵にきこなしているその姿が印象的で 自分たちもまた そんな素敵な姿に憧れて トレンチコートに魅せられているのだと思います。

b0048664_23151873.jpgこれは「パリの恋人」撮影の休憩中の一こま。 わたしがイメージするトレンチコートの女性はなんといってもAudrey 彼女自身がバーバリーのトレンチコートを愛用していて つい最Audrey展で彼女が実際着ていたそのトレンチコートを目の前に見て あまりのうつくしさにしばしそこで見入ってしまいました 彼女が着ると 大きくてもどこかElegantで元々は男の人のためのトレンチも女性をElegantにみせるためにあるかのよう。 彼女みたいにラフにでもElegantに。それがわたしの目指すもの。


b0048664_0292950.jpgそれから「Made in U.S. A」では婚約者の仇をうつため復讐にもえるAnnaがヒロイン。この映画で印象的だったのが彼女の着ていた服。彼女の体を大きく包む白に近いベージュのトレンチに 中は鮮やかな同系色のアイテムによるコーディネート。それが復讐に燃えるヒロインの存在感をすごくアピールしていてかっこよかったわ

そして「シェルブールの雨傘」のCatherine Deneuve。花柄の内装の傘屋をいとなむカトリーヌドヌーブ演じる女性が、恋人と別れるシーンで着ていたのは、淡いブルーのギンガムチェックのワンピース・ブルーのカーディガンその上にトレンチコート。髪には結んだ黒色のリボンに黒色の靴。カラフルな色をきるよりも その控えめな色使いが余計に彼女の美しさをきわだたせてる。 雑誌のNONNOには 「当時実際に未婚の母になる決意を固め、今よりずっと保守的な世間の非難に堪えていたドヌーブ自身の姿と重なって見える」と書かれていました。

そのほかにも「クレイマークレイマー」にでてくるメリル・ストリープ。夫とわかれ、ひとりでていく彼女のトレンチはバーバリーだそう。60’s~70’sの映画のトレンチコートはまさにわたしたちのモデルとすべきスタイルの宝庫。

街にはトレンチコートの女性は溢れていて だからこそ わたしたちはその中にうもれてはいけないの。彼女達がその存在をあのトレンチコートでアピールしたように わたしたちもトレンチコートからのぞく足はいつも細くすべすべに保つ努力をして もしくは髪をひとつにまとめたほうが似合うのか それとも襟の中に収めてしまったほうがかっこいいのか研究しながら ベストバランスの自分だけのトレンチスタイルを見つけていかなきゃっ と密かに心の中でかたく決心するのです・・・。
[PR]
by BrigitBirkin | 2004-10-20 23:15 | Fashion