<   2004年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
something pink


b0048664_1795225.jpgwritten by dahlia*********



「私はまっすぐな髪に女らしさを感じない 私は元々くせっ毛だからウエーブにこだわるし
ウエーブに女らしさを感じるの」
                           
人気コスメブランド RMK のRUIKOさんの話。
この髪型をしたら女らしい この服を着たら女らしい
的な一定の価値観って世の中あるって思うのだけど
そんなものは破壊するべきだと思います。

RUMIKOさんの言葉をたまに耳にすると とても気持ちのいい人だなあと思うの。
この人は自分だけの目をもってて それは他の何にも邪魔されないの。
価値をつくるひと。
新しいものをつくるひと。
これだけのPOWERをもってる人だから 物を創造できて 女性に圧倒的支持を得るものをつくれるんだなあと思う。

でもね、たまたま見た番組でRUMIKOさんが
「私、ほんとうに昔から何やっても駄目なの・・・」
って仰ってて
とてもそうは見えない言葉だけど 私はそれは謙遜ではないと思う。

何もできない、何も持ってないっていう人が努力したら それはとんでもなく素敵なものが生まれるんだわ と思いました。
[PR]
by brigitbirkin | 2004-11-23 17:11 | Femme(女性)
「恋」 ヴィスワヴォ・シンボルスカ 
二人は信じる
求め合う気持ちが出会わせたのだと
信じあう心は美しい
でも揺れ動く心はもっと美しい 
[PR]
by BrigitBirkin | 2004-11-12 22:50 | Poésie(詩)
憂鬱を愛して
written by dahlia********

写真とは、私が日常感じてることや思ったりしたことすべてを表現する場所。子供にも大人にもわからない、私たちだけにわかる写真(もの)。だから、全ての人に理解を求めたりしない。わかってくれる人が少しでもいてくれれば、とてもうれしい。
GIRLのBLUEな気持ちをいつまでも、忘れたくない。
 

 写真家HIROMIXさんの写真集『girl's blue』のあとがき(?)です。
 
 「GIRLのBLUEな気持ち」

 憂鬱ですか?
 アップダウンが激しいですか?
 悲しくって泣いちゃいますか?

 大丈夫。GIRLのBLUEは人生で考えるとたった一瞬のこと。
 ならばその一瞬を 憂鬱も含めて 楽しめばいいじゃない? 

 写真集『girl's blue』には まさに女の子の刹那的な輝きが封じ込められています。
 
 ある特定の時期だけに与えられた 女の子がきらめきを放つ 短い 美しい時間

 そのときそのときをたのしんで
 今の自分をいつも楽しく生きていたら
 さあ その先には何が見えるでしょう???
  
 
[PR]
by brigitbirkin | 2004-11-06 21:35 | Photographique(写真集)
約束を守るという事
**author: RUMI...

あなたにとっては なんでもない事かもしれないし
あなたにとっては ちっぽけな事かもしれないけれど
相手にとっては とても大切な事で 
とても とても 楽しみにしていた事かもしれません。

小さな 小さな約束も 大切な 大切な約束です。

「明日は何時に待ち合わせ?」
「今度 本を貸してあげるわね!」
こう言った日常の約束。あなたはちゃんと守れていますか?
本当は イケナイ事だと分かっていながらも、
「あの子との約束だし 許してくれるわ*」
と言う甘えで、約束を破ってしまった事ありませんか?

コレ…自分自身への裏切りだって知っていましたか??
『約束とは 自分自身との約束』なのです。
だって、約束って、自分で合意をして決めた事でしょう!
『自分を信頼する事が出来る』これが約束だと言っても過言ではないと思うわ。
それに 人との信頼関係を築く為にもとても大切な事ですよね。
[PR]
by BrigitBirkin | 2004-11-03 22:52 | Jours(日々の生活)
日本人女性として。
**author: KiKi

日本人であることを誇りに思ってほしい。
日本人女性として、誇るべき美は忘れないでほしい。

もちろん外国人には羨望を覚える。
私も、もっと鼻が高かったら、足が長かったら。
数えだしたらキリがないのだけれども、憧れは大きい。

でもね、日本人としての自分を受け止めて、
よくよく覗いてみると、私たち日本人はとても素敵な美を持っている。

たとえば、茶道の世界をのぞいてみて。
茶道というものは、機会がなければ遠い存在かもしれない。
なんだか堅苦しくて近寄りたくない存在かもしれない。

私が茶道と出会ったのは小さい頃。
祖母が茶道を習っていて、その祖母の友人が先生だった。
自然に私は茶道を習うようになった。
覚えることも多いし、ずっと正座でいるのはなかなか辛いこと。
でも、そんな茶道には根本的な日本人の美がある。

その道に入らんと思ふ心こそ 我身ながらの師匠なりけれ
これは、千利休によって詠まれたもの。
この歌は、学ぼうとする人の心構えを教えています。
もちろんこの教えは茶道だけには限らない。
何かを学ぼうとする時、「学ぼう」とする気持ちと心構えが大事であって、
自分で学ぼう、学びたい、と思う心が早い上達へと導く、ということ。

四規(しき) [和敬清寂(わけいせいじゃく)]
この4つの文字の中には、すべてのお茶の心が込められているそうです。
和: お互いに仲良くするということ。
敬: お互いに敬い合うということ。
清: 目に見える清らかさだけでなく、心の中の見えない清らかさ。
寂: どんな時にも動じない心。
これは、お客様にお茶をお出しする時に覚えておきたいことがら。
でも、よくよく考えるとこれは日常生活にもいえることよね。
ハーモニーを大事にする。
ひとりひとりを尊敬して、お互いを敬いあうことはとても大事。
先日の水の話でもいったように、見えない清らかさはとても重要。
揺るがない心も大切。
ほら、何気ないところにこんなに大切なレッスンが隠れてる。

何気ないことなのだけれども、忘れたくないこと。
大切にしていきたいわよね。
[PR]
by BrigitBirkin | 2004-11-03 09:44 | Femme(女性)
種をまいてみました。
b0048664_0111651.jpg
着飾るだけの美しさ、表面だけの美しさはいらなくて、
内面からにじみ出る美しい女性になりたい。
そして、同性から「彼女って素敵な人ね」と言われるような人に・・・。

RUMIです。
少女から女性へ… 綺麗な花を咲かせたいです。
よろしくね*
[PR]
by BrigitBirkin | 2004-11-01 00:22